ここから本文です

「後半戦は前半以上の結果を」上田桃子 ベストに近いクラブセットに変化を求める?

6/20(火) 19:10配信

ゴルフ情報ALBA.Net

 6月22日(木)に開幕する国内女子ツアー「アースモンダミンカップ」。来週はシーズンを通じて唯一のオープンウィークとなるため、今大会が前半戦の最後の試合となるが、今季1勝を挙げ、現在賞金ランク6位につける上田桃子が後半戦に向け、準備を始めている。

【画像】中京テレビ・ブリヂストンレディス 上田桃子の優勝セッティング

 指定練習日となるこの日は練習ラウンド後に、契約するキャロウェイゴルフの新フェアウェイウッドを『スティールヘッド XR フェアウェイウッド』をチェック。

 クラブセッティングに関しては「今のセッティングはベストに近い。不満に思っているところはないし、うまくかみ合わさってくれているからこの成績が残せている」と万全に近い状態。だが、ドライバーは同社最新モデルでアマチュア市場でも高い人気を誇る『GBB EPIC STARドライバー』を投入しているが、フェアウェイウッドは旧モデルの『XHOT FW』を継続使用。それゆえ試合で使える状況が整ったら、実戦で試したいという気持ちがあるのだろう。

 新FWの印象は「初対面だったが球が上がりやすくて飛ぶ印象。スピンは少なく飛んでいる。弾道も高くつかまりやすく、ミスヒットに強そうですしね。FWとしては、飛距離が上がるのはもちろんドライバーが苦手な人がその代わり使うという選択肢もありそう」と上田。キャロウェイの看板選手として、クラブの優位性を語ったが、実際に今大会では「元々どんなに気に入ってもテストを重ねて使うタイプなので」と投入するかはまだ未定だ。

 テストではシャフトスペックを自分に合わせたものではなかったため、即断は難しい状況ではあったが、「前半戦はまだまだやれたと思うところもあるし、後半戦も前半戦以上の結果を残すつもり」と意気込むだけに、今後のテスト次第では後半戦の"切り札"として投入してくるかもしれない。

(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>