ここから本文です

高層建築、避難路など確認 英の火災受け、駿東伊豆消防

6/20(火) 7:51配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 駿東伊豆消防本部は19日、英ロンドンで発生した高層住宅火災を受けて、管内の高層建築物の特別査察を開始した。

 11階以上または高さ31メートル以上の高層建築物66件の防火管理や避難経路、消防用設備の状況を、順次確認する。初日は、職員13人が20階建ての複合商業施設兼共同住宅「イーラde」(沼津市大手町)を訪れ、各階のスプリンクラーや報知器などの設置状況、防火扉や避難経路周辺に障害物が置かれていないかなどを目視で点検した。

 第1方面本部消防室の稲葉嘉明室長は「万一の火災時は、住民同士の協力が必要。自助共助の精神で避難してほしい」と語った。

 同様の査察は静岡市消防局なども近日中に実施予定。

静岡新聞社