ここから本文です

USJ、コスプレに一部「新規制」 ダース・ベイダーはアウト?

6/20(火) 18:53配信

J-CASTニュース

 大阪のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)が、園内での過度なコスプレを制限するルールを2017年8月から新たに導入する。

 USJ公式サイトで6月19日に発表された新ルールとは、(1)武器状の製作物の持ち歩き禁止(2)顔が隠れるマスクや被り物の着用禁止――の2点。インターネット上では、園内でのコスプレ行為に否定的な見方が強く、今回のルール導入には「これでUSJがコスプレ会場にならずにすむ」などと好意的な反応が目立つ。

■ディズニーは原則「仮装禁止」

 USJは「仮装など、さまざまな服装でパークを楽しむゲストを歓迎しています」と公式サイト上で明言している。実際、園の広報担当者も6月20日のJ-CASTニュースの取材に対し、

  「これまでのUSJは、ほぼ服装の制約なく自由に仮装を楽しめる環境でした」

と話す。

 確かに現状のUSJでのコスプレに関するルールは、公序良俗に反する服装の禁止など、常識的な「マナー」の範疇に留まるものがほとんど。一部、子供向けのアトラクションが多いファミリー向けのエリアでは、ゾンビや幽霊などホラー系の仮装をNGとしていたが、他のエリアでは特定の服装を禁止するルールはなかった。

 一方、同じテーマパークでも「東京ディズニーリゾート」(TDR)では、ハロウィーンなど一部の期間を除き原則としてコスプレを禁止している。しかも、ハロウィーン期間中であってもディズニー作品に登場するキャラクター以外の仮装はNGとされている。

 こうして比べてみると、USJのコスプレに関する「自由度」の高さが改めて分かる。だが、そんなUSJの園内では、一部のコスプレファンが他の来園者に「迷惑」をかけるトラブルも度々起きていたようだ。ツイッター上には、

  「プレショ(編注:プレミアショーの略)の時とかに邪魔になるようなコスはマジでやめてほしい。トサカとか帽子とかさ」
   「USJでコスプレしてる団体が道のど真ん中で撮影するのは邪魔なんでなんとかしてほしい」
   「何よりキャストと一般のコスプレしてる人と見分けつかないのが一番面倒」

などコスプレ客に苦言を呈す投稿が数多く見つかる。

1/2ページ

最終更新:6/20(火) 19:35
J-CASTニュース