ここから本文です

80歳みちのく竹馬旅 東北400キロ踏破

6/20(火) 11:04配信

河北新報

 東北を竹馬で歩いて北上していた飯塚進さん(80)=千葉県四街道市=が19日、ゴール地点の青森市役所に到達した。宮城県山元町をスタートしてから約50日。飯塚さんは「長年の夢を実現できて達成感でいっぱい」と満足そうに語った。

【写真特集】不思議?キテレツ?みちのく自然造形の妙

 飯塚さんの竹馬による長距離行脚は5度目。70歳の時の千葉県一周を皮切りに、東海道、奥の細道、四国八十八カ寺を踏破してきた。「みちのくの旅 傘寿の挑戦」(行程約400キロ)と題した今回は、始点の山元町を4月29日に出発。道の駅などで車中泊をしたり、途中の温泉で時折疲れを癒やしたり、休息日を設けながら1日9~15キロのペースで進んだ。

 竹馬の面白さを子どもたちに伝えたいとの思いで始めた行脚も、今回で最後となる。飯塚さんは「前日に歩いた西平内から浅虫までのコバルトブルーの海と透き通るような空の青さがきれいで印象に残っている。旅も無事終えられて感無量だ」と話した。

最終更新:6/20(火) 11:04
河北新報