ここから本文です

高崎にデンマーク雑貨新店 「自分だけの空間づくり」のきっかけに /群馬

6/20(火) 8:05配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 JR高崎駅東口にオープンした「INTERIOR SHOP ALTO(インテリアショップアルト)」(高崎市岩押町、TEL 027-388-1598)が間もなく1カ月を迎える。(高崎前橋経済新聞)

【写真】芳子さんのおすすめラバー製のフラワーベース(デンマーク)

 同店はALTO(本社=同)が展開するインテリアショップで、デンマークを中心にした雑貨の販売とオーダー家具の製造販売を行う。同社は2014年4月、「RESORT STYLE 軽井沢」(長野県軽井沢町)をオープン。高崎の店舗は2店舗目。

 オーナーの芳子ビューエルさんは高崎出身。「高崎は首都圏と信越、上越をつなぐハブ的な場所。高崎へ出店するにあたり、その中心となる高崎駅、特に開発が進む東口を選んだ」という。

 テーマはデンマーク文化「Hygge(ヒュッゲ)」=「心地よい場所や雰囲気」。約50坪の店内にはデンマークの生活雑貨約400点、日本人作家の食器類約180点、小物雑貨、家具など合計約700点が並ぶ。価格は雑貨が540円~21,600円。芳子さんと店長のジュリアン・ビューエルさんがブランドにこだわらずに選んだ品だ。

 「デンマークのインテリアは利便性が高く、デザインが素晴らしい。日本の暮らしに取り入れることによって、心地よい自分だけの空間を作るきっかけになれば。ぜひ足を運んでもらえたら」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~19時。月曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク