ここから本文です

YOSHIKI「今後、ドラムを叩けるんだろうか?」 「手術後の不安」支えたファンの行動

6/20(火) 19:19配信

J-CASTニュース

 ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが2017年6月20日、活動拠点のアメリカから急遽帰国し、都内で記者会見を開いた。

【写真】コルセットの奥には手術痕

 先月16日(米国時間)、激しいドラムプレイが原因による頸椎椎間孔狭窄症のため、緊急手術を受けていた。公の場に姿を現すのは術後初めて。駆けつけたファンからの大きな拍手と黄色い歓声に、「まずはただいま」と挨拶した。

■コルセットで首を固定した状態で登場

 コルセットで首を固定した状態で現れたYOSHIKIさんは、

  「今回の僕の首の手術で皆様に色々とご心配、ご迷惑をかけてしまいまして大変申し訳なく思っております。すみませんでした」

と謝罪。その後用意されていた椅子に座るも、すぐさま「座っていると非常に首が痛い」と訴え、立ったまま1時間近くにわたって会見を行った。

 術後の体調については、

  「あんまりよくないです。痛いです、むちゃくちゃ。人工の頸椎が体に馴染んでないんですかね。切った場所の感覚がまだなくてですね。ちょうど首の右半分が感覚がないので、誰かに首を絞められている感じで、すごく気持ち悪いです。左手は痺れっぱなしで、何万ボルトも流れているような感じ」

と明かした。具体的な症状として、「物が持てない、手が上にあげられない」「お辞儀をするのが辛い」「最初の2週間くらいは寝るのが地獄だった」などを挙げた。

 そんな満身創痍な状態でありながら、医師からはドラムではなくピアノ演奏であることを前提に、コンサートをすることを勧められたという。麻酔から覚醒後、スタジオに直行したという逸話については、

  「麻酔がすごかったので、1回なんか身体が死んだみたいな感じで。最初の2、3日は呼吸もちゃんとできない、歩けないみたいな感じだったので、指が動くのかな?って、心配でスタジオに行ってしまいました」

と説明した。

 完治には6か月ほどかかるといい、「今後、僕はドラムを叩けるんだろうか?」「叩けるようになったとしても叩きたいのか?」など不安や葛藤があったことも明かしたが、計「10万羽鶴」ほど折ってくれたファンなどの支えもあり、

  「自分の中では治らないチョイスはないというか。治ると信じています」

と前向きに語った。

1/2ページ

最終更新:6/21(水) 11:31
J-CASTニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ