ここから本文です

悪いのは大島優子なのか 「AKB結婚宣言」余波でボコボコ

6/20(火) 19:45配信

J-CASTニュース

 AKB48のグループの「選抜総選挙」開票イベントでNMB48の須藤凜々花(すとう・りりか)さん(20)が「結婚宣言」した問題が、OGの大島優子さん(28)に飛び火した。

【画像】結婚を宣言した須藤凜々花さん

 大島さんは「くそったれ」などの意味を持つ、Fで始まる4文字の英単語を使って結婚宣言を非難。ところが、この行動にも「下品極まりない」といった批判が相次ぎ、大島さんはツイッターで「不愉快な気持ちにさせてしまってごめんなさい」などと陳謝した。大島さんのツイッターには「反省する必要はない」「反省しろよ」などと様々な声が寄せられており、大島さんの行動についても賛否が分かれている。

■2011年には「票数は皆さんの愛」主張

 須藤さんの「結婚宣言」をめぐっては、(1)「恋愛禁止」の建前がある中で、大量の資金を投じて須藤さんに投票したファンを裏切った(2)スポーツ各紙が須藤さんをトップ項目に取り上げて「指原莉乃さん3連覇」「渡辺麻友さん卒業発表」といった話題の扱いが小さくなるなど、「総選挙」という舞台を台無しにした、といった大きく2つの点で批判が出ている。

 大島さんは2017年6月17日の開票イベント後、インスタグラムの動画中継で

  「何でもアリなんですね」

などと笑いながら

  「総じて言いたいのは、この帽子がきっと、私の全ての言葉だと思う。せーの。キャハハハ」

と言い残して配信は終了。「せーの」のタイミングで画面に映った帽子には、Fで始まる4文字の英単語が描かれていた。いわゆる「Fワード」で須藤さんを非難したわけだ。

 大島さんは、自らが2位になった11年の「選抜総選挙」のスピーチで、

  「1人何枚も買って、本当に総選挙と言えるのか」

といった批判に

  「私たちにとって、票数というのは皆さんの愛です」

と反論した経緯がある。大島さんにとって、須藤さんの「結婚宣言」が「ファンの愛」をないがしろにする行為だと映った可能性もある。

1/2ページ

最終更新:6/21(水) 10:02
J-CASTニュース