ここから本文です

米英、新通商協定を模索=EU離脱にらみ

6/20(火) 6:04配信

時事通信

 【ワシントン時事】ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は19日、フォックス英国際貿易相とワシントンで会談し、米英の新たな通商協定の可能性を協議した。

 両国は英国の欧州連合(EU)離脱後、速やかに本格的に交渉を始め、新協定を締結したい考え。

 EUは英国に離脱前の通商交渉を認めていないが、米英は予備的な交渉を模索している。ライトハイザー氏は声明で「新協定の検討を含め、将来の貿易関係の基礎を築くため、協議していく」と表明。フォックス氏も「将来の野心的な協定を探る共同作業」に意欲を示した。

 ライトハイザー氏は、中国を念頭に鉄鋼などの過剰生産問題の解決に向け、英国と連携する意向も示した。 

最終更新:6/20(火) 6:10
時事通信