ここから本文です

【ドイツ】VWの世界販売、5月は3.1%増加 アウディ除き軒並み好調

6/20(火) 11:45配信

NNA

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は16日夜、グループ全体の5月販売台数が89万8,700台と3.1%増加したと発表した。傘下の高級車メーカー、アウディが2.8%減少した以外は軒並み前年超えとなった。中南米市場の回復も大きく寄与した。
 ブランド別に見ると、「VW」ブランドは3.5%増加。高級スポーツカーのポルシェは10.4%拡大し、スペインのセアトも大きく11.9%伸びた。チェコ子会社シュコダは2.4%のプラスだった。
 地域別に見ると、欧州は39万3,500台と6.5%増加。うちドイツは3.8%伸び、西欧(ドイツ除く)は4.7%増えた。中東欧は16.1%拡大した。米国は3.9%増の5万4,300台。中南米はブラジルが9.8%伸び、全体で14.6%増加している。中国は2.5%増の31万9,500台だった。
 1~5月の累計販売台数は全世界で前年同期比0.1%増の423万4,900台となっている。
 ■新型「ポロ」を公開
 VWはこの日、ベルリンで小型車「ポロ」の新モデルを披露した。排ガス不正問題の余波で、電気自動車(EV)の開発や新技術への投資資金の確保に苦戦する中、累計販売台数が1,400万台を超える人気モデルの刷新で収益性改善を目指す。
 6代目の「ポロ」は先代に比べ車体が大きく、よりスポーティーなデザインが特徴。トランクの容量も従来の280リットルから351リットルに拡大している。10月からショールームでの展示を開始する予定で、販売価格は1万2,975ユーロから。欧州の小型車市場では、米フォードの「フィエスタ」や仏ルノーの「クリオ」の新モデルとしのぎを削ることになる。金融情報サービス会社IHSマークイットは、「ポロ」の販売台数が2025年までに36万8,158台に達し(今年の予想値は29万3,700台)、競合を抑えて首位に立つとみている。
 今回の新型「ポロ」を含め、VWは今年に入り新たに10モデル以上を立ち上げている。[環境ニュース]

最終更新:6/20(火) 11:45
NNA