ここから本文です

元アイドルレスラー・風香が結婚!お相手はキックボクサー・一輝

6/20(火) 14:04配信

東スポWeb

 元人気女子プロレスラーで、現在は女子プロ団体「スターダム」のGM兼リングアナウンサーを務める風香(32)が電撃結婚したことが19日、明らかになった。お相手はキックボクサーで元NJKFライト級王者の一輝(いっき=34)。昨年12月の出会いからわずか半年でのスピード婚となった。本紙の直撃に応じた風香は、2人のなれそめを赤裸々に告白した。

「俊樹さん」「風香」と呼び合う2人は18日に都内の区役所を訪れ、婚姻届を提出。昨年12月18日の出会いから半年の節目に晴れて夫婦になった。「私は『石橋を100回叩いてから渡る』と言われた性格。でも1年後もこの方を選ぶと思った。支えていく役割が増え、より気が引き締まります」(風香)

 初対面は都内で共通の支援者のもとを訪れた時だった。一輝は風香を女子プロレスの現役時代から知っていたが、一方の風香は全く知らなかった。「顔が濃い人で日本人なのかな?って(笑い)。今思えば、もともと私は(元K―1MAX世界王者の)ブアカーオ(ポー・プラムック)が好きだったし、明るい笑顔の方なのでそこに重ねたのかな」と振り返る。

 直後から一輝による“LINE攻勢”が始まった。それこそ「起きてる時はずっと」というほどメッセージが送られ続けた。ところが、結婚願望を持ちながらも行動に移せなかった風香は「恋愛の経験が少ないんです。バスケをやってた時は男女交際禁止で、プロレスの時も暗黙の了解みたいに(交際が)なかった。だからそういうのがダメなことだと思い、かわしていた」。

 進展がないまま1月28日の立ち技打撃格闘技イベント「RISE 115」(後楽園)を訪れた風香は、一輝が延長判定の末に辛勝した姿を見た。「“格闘界の不器用男”というキャッチフレーズなんですが、不器用だからこその気持ちの部分を見せてもらった。打ち合いになって心配していたので彼に気持ちが向いていたのかな…」

 その後は多忙な合間を縫って近所をドライブしたり、行きつけの洋品店やアクセサリーショップでデートを重ねた。しかも、押しが強い一輝は早い段階から「結婚」を口にし、互いの飲みたいものがコーヒーで一致した時など「気が合うな。結婚しろよ~」とのノリだったとか。

 そして5月のある日。車中で「一生のお願いがあるんだけど。結婚してくれない!?」と言われ、これまで笑って受け流してきた風香が初めて「いいね」と返した。実はこれが正式な返事だった。「ノリの延長みたいな感じで、ロマンチックなものはなかったですね…」

 早速2人は共通の知人である元K―1戦士の山本優弥(32)をはじめ、紫雷イオ(27=スターダム)、宝城カイリ(28)に報告。一様に驚き、そして祝福してくれた。

 式は未定で、風香は妊娠していないという。子供については「2人欲しい。一人は女の子で将来はスターダムで活躍してほしい」と目を輝かせ、「これまで幸せな人生を送らせてもらい、家庭という普通の幸せは手に入らないと思っていた。大きな変化があるわけじゃなく、仕事やプライベートを大事にしているところに、大切な人ができた感じになれば」と新婚生活の抱負を語った。

 一方、K―1出場を夢見る一輝は「自分の評価が風香の評価につながる。彼女の評価を汚さないように成長できれば」と誓う。元人気女子レスラーと現役格闘家の結婚は、マット界を明るい話題で包んでくれそうだ。

最終更新:6/20(火) 14:20
東スポWeb