ここから本文です

H ZETT M、約4年半ぶりのソロ・アルバムを携えた〈独演会〉開催決定

6/20(火) 17:53配信

CDジャーナル

 6月21日(水)に前作から約4年半ぶりのソロ・アルバム『共鳴する音楽』(2CD APPR-3014~5 3,000円 + 税)をリリースする“超絶技巧の青鼻ピアニスト”H ZETT Mが、同作を携えて9月24日(日)に東京・文京シビックホール 大ホールにて〈ピアノ独演会2017秋 -共鳴の陣-〉を開催します。

 『共鳴する音楽』は、『未来の音楽』(2012年)と『魔法使いのおんがく』(2013年)に続く、“グランドピアノの可能性を最大限に引き出す”ことをテーマとしたシリーズの第3弾。クラシックやジャズ、ポップスなどのエッセンスを取り入れ、ピアノの響きを大事にした全26曲をCD2枚に収録。アルバムについてH ZETT Mは「今、こんな曲をホールでやったら楽しいだろうなと思える曲を集めて完成させた」と語っており、バンド“H ZETTRIO”とはひと味違う、ピアノ一台ならではのプレイを収めています。

 東京では約1年ぶりの〈独演会〉シリーズ開催となる〈ピアノ独演会2017秋 -共鳴の陣-〉は、7月8日(土)よりチケットの一般発売がスタート。舞台上にあるのはグランドピアノ一台だけ、というシンプルなスタイルながら、毎回趣向を凝らした演奏で会場を巻き込んだパフォーマンスを披露する人気の公演です。7月に予定されている兵庫での〈夏の大三角の陣〉はソールドアウトを記録。本公演も、プレミアムなチケットとなることが予想されます。

最終更新:6/20(火) 17:53
CDジャーナル