ここから本文です

<映画興行成績>「22年目の告白-私が殺人犯です-」がV2 4~6位に初登場作品がランクイン

6/20(火) 20:30配信

まんたんウェブ

 19日に発表された17、18日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、俳優の藤原竜也さんが連続殺人犯に扮(ふん)した「22年目の告白-私が殺人犯です-」(入江悠監督)が前週に続いて首位を獲得した。約18万7000人を動員し、興行収入は約2億6200万円を上げている。

【写真特集】藤原竜也が“美しきクズ”に 「22年目の告白」緊迫のシーンを一挙公開

 2位は大ヒットしたディズニーアニメーションをエマ・ワトソンさん主演で実写化した「美女と野獣」(ビル・コンドン監督)で、動員数は約15万3000人、興行収入は約2億2000万円。3位は2014年に放送され上戸彩さんと斎藤工さんの“禁断の関係”が話題を呼んだ連続ドラマの劇場版「昼顔」(西谷弘監督)で、動員数は約13万6000人、興行収入は約1億9400万円だった。

 初登場作品は4~6位にランクインした。4位は、滝沢秀明さんの初主演映画「こどもつかい」(清水崇監督)。滝沢さん演じる謎の男“こどもつかい”が、子供たちの霊を操り、悪い大人たちを成敗していくホラー作品で、動員数は約12万人、興行収入は約1億5000万円だった。5位は、劇場版アニメ「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」(吉田りさこ監督)で、59館と小規模公開ながら約10万7000人を動員し、約1億6300万円の興行収入を上げている。6位は中世の騎士道物語「アーサー王伝説」をモチーフにした「キング・アーサー」(ガイ・リッチー監督)だった。

 1位 22年目の告白-私が殺人犯です-

 2位 美女と野獣

 3位 昼顔

 4位 こどもつかい

 5位 劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

 6位 キング・アーサー

 7位 花戦さ

 8位 ちょっと今から仕事やめてくる

 9位 LOGAN/ローガン

 10位 名探偵コナン から紅の恋歌

最終更新:6/20(火) 20:30
まんたんウェブ