ここから本文です

JJJ、MLB公認ライセンスブランド「47brand」とのコラボ・キャップを発売

6/20(火) 17:53配信

CDジャーナル

 ラッパー / ビートメイカーのJJJ(Fla$hBackS)が、アメリカ・ボストン発祥のメジャーリーグ・ベースボール(MLB)公認ライセンス・ブランド「47brand」とコラボレーション。コラボ・キャップ(3,800円 + 税)が、スペースシャワーネットワークのオンライン・ストアと、一部ライヴ会場での物販限定で発売されます。日本のアーティストが47brandとコラボレートするのは今回が初めて。

 今回のコラボレーションは、JJJが47brandのベースボール・キャップを日常的に愛用していることがきっかけとなり実現。ウォッシュド加工をかけたネイビーの「CLEAN UP CAP」をベースに、フロントには“FL$Nation”の新ロゴ、バックは“KCALLDAY”、サイドは47brandのロゴを白刺繍で配置したデザインとなっています。

 JJJは7月15日(土)に東京・渋谷 WWW Xで最新アルバム『HIKARI』のリリース・パーティを開催。フライヤー・デザインは、愛知・名古屋在住の刺繍作家でありデザイナーのrisa ogawaが手がけています。当日は、アルバム参加アーティストが出演するほか、グッズの販売も予定。JJJやKID FRESINOのマーチャンダイズなどを手掛ける「Marfa by Kazuhiko Fujita」によるスペシャル・アイテムや、JJJが2015年に自主制作で発表したビート集CD-R『THOUSAND』の復刻カセットテープ(Tシャツとのセットも販売)、トートバックなどが販売される予定です。また、アルバムのジャケットやブックレット写真を撮影したGoro Kosaka、Takahiro Somaによるエキシビジョンの展示も行われます。

最終更新:6/20(火) 17:53
CDジャーナル