ここから本文です

阪神・糸井23日スタメン復帰!金本監督「行けるやろ」 首位攻防戦で封印解く

6/20(火) 6:06配信

デイリースポーツ

 阪神・金本知憲監督(49)が19日、リーグ戦再開の23日・広島戦(マツダ)から、糸井嘉男外野手(35)をスタメン復帰させる考えを明かした。交流戦を10勝8敗で勝ち越し、首位・広島とのゲーム差は「3」。我慢のベンチスタートを続けてきた男に、首位攻防3連戦での爆発に期待を寄せた。

【写真】「許せない」金本監督が鬼の形相に…相手選手が慌てて止めに入る

 我慢して、完治を優先させてきたキーマンを、ようやく縛りをなくして解き放つ。10勝8敗で勝ち越しに成功した交流戦を終え、照準はリーグ戦再開の広島戦。ゲーム差「3」で迎える首位攻防の3連戦から、金本監督は糸井のスタメン起用に踏み切る考えだ。

 「(スタメンで)行けるやろ。行ってもらうしかないし。(負傷後は)本人が一番、ふがいないと(感じていると)いうか、そういう気持ちというか、気持ちは十分あるので、彼は。とにかく、コンディションを整えて」

 糸井は9日のソフトバンク戦で負傷し、左太もも裏の軽い筋挫傷と診断された。そこからは代打での出場に限られていたが、一日も早いスタメン復帰を望み、練習に励んでいた。18日の楽天戦では、プロ初となる代打安打も記録。試合には敗れたものの、広島戦に向けて弾みの付く一振りとなった。

 片岡打撃コーチは糸井の打順に関して「基本的には3番かな。1番とか、高山との兼ね合いもあるけど、中心やね。その間(糸井負傷中)はみんなで力を合わせてカバーして、なんとか交流戦を終えることができた」と話す。糸井がスタメンに戻ることは、大きなプラス材料となる。

 スタメン復帰後に、休みを与えながら起用していくかに関して金本監督は「それは分からん。足の状態によるけど」と話すにとどめた。先を見据えた起用も頭に入れながら、まずは前半戦最後の広島3連戦に全力を注いでいく。

 この日、チームは全休日。「(選手に求めるのは)4日間、しっかりと体のケアですね。しっかりやってほしいのは」と指揮官。昨年もリーグ再開の3連戦はマツダでの広島戦だったが、3連敗を喫した。同じことは繰り返せない。ベストオーダーで挑み、白星をつかみに行く。

スポーツナビ 野球情報