ここから本文です

「2度クマと遭遇、逃げて遭難」男性4日ぶり発見

6/20(火) 12:47配信

河北新報

 秋田県警仙北署は19日、仙北市の山中にタケノコ採りに入り、15日から行方が分からなくなっていた秋田県美郷町の土木作業員高橋正良さん(59)を4日ぶりに発見したと明らかにした。山中で2度にわたりクマと遭遇し「逃げて遭難した」と話している。衰弱しているが命に別条はない。

 署によると、高橋さんは15日午前、仙北市田沢湖玉川の山中に入り、クマ1頭を見つけたがクマが自ら逃げた。その後、再びクマに遭遇し今度は追い掛けられたため、採ったタケノコを捨てながら逃げ、道に迷ったという。

 遭難中の4日間は沢の水を飲んで過ごした。19日午前11時ごろ、山に入った地点から南西に約3.5キロの場所で、工事中の作業員が高橋さんを見つけ、119番した。

最終更新:6/20(火) 12:47
河北新報