ここから本文です

森友学園関係先一斉捜索、今後の捜査の見通しは

6/20(火) 12:00配信

毎日放送

毎日放送

 学校法人「森友学園」が大阪府や国からの補助金を不正に受け取った疑いで大阪地検特捜部から関係先の一斉捜索を受けた事件で、特捜部は今後、立件に向けて籠池泰典前理事長から事情聴取を進める方針です。今後の捜査の見通しについて強制捜査を行った大阪地検前から濱上佑太記者の中継です。

 森友学園への大阪地検の捜索は、19日午後7時に始まり20日午前6時過ぎまで約11時間にわたって続きました。園児が登園する間際まで段ボール箱合わせて100箱分の押収物が運びだされるという異例の捜索となりました。大阪地検特捜部が捜索を行った関係先は、森友学園が運営する幼稚園や関連法人の保育園などに及んでいます。

 特捜部はこれまでに小学校の建設業者や設計会社の関係者のほか、幼稚園の保護者らから事情聴取していましたが、国政をも巻き込んだ問題であり、特捜部は慎重に捜査を進めるためには客観的な証拠の収集が不可欠と判断したとみられます。特捜部は今後、押収した資料を分析するとともに、籠池前理事長から事情聴取し、立件に向けた詰めの捜査を行うものとみられます。

 また、森友学園を巡っては、小学校の建設予定地だった国有地が売却される際、近畿財務局の当時の担当者が鑑定価格からごみの撤去費用など約8億円差し引いた不当に低い価格で売却し国に損害を与えた背任の疑いがあるとして告発されていて、特捜部は近畿財務局についても捜査を進める方針です。

毎日放送

最終更新:6/20(火) 12:38
毎日放送