ここから本文です

レアル・マドリー、ドンナルンマ獲得は?ジダンの考えに背き守護神補強を再検討か

6/20(火) 18:52配信

GOAL

レアル・マドリーは、ミランGKジャンルイジ・ドンナルンマ獲得に舵を切ろうとしているのかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えている。

今夏マンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘア獲得の可能性が取りざたされていたマドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督はGKケイロール・ナバスへの信頼を示し、守護神補強が必要ない旨をクラブに伝えていた。しかしながらドンナルンマがミランとの契約延長に「ノー」を唱えたことで、状況は変わりつつある。

「私のGKはケイロールだ」これがジダン監督の考えだった。しかし、マドリーは以前から追跡してきたドンナルンマを確保する好機が訪れたと考えているようで、指揮官の意見を尊重しながらも、ドンナルンマ獲得を再検討しているという。

一方、ドンナルンマの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は「ミランは(アルバロ)モラタにドンナルンマの2~3倍の給料を用意していた。自分の家にトッププレーヤーを抱えているというのにね」と述べ、ミランの姿勢を批判している。

さらに、「マドリーはヴィニシウス(ジュニオール)獲得に4500万ユーロを支払う。彼は16歳だろう。才能に年齢は関係ないよ」と付け加え、18歳のドンナルンマの若さが移籍の障害にはならないと主張した。

GOAL

最終更新:6/20(火) 18:52
GOAL