ここから本文です

Pokemon GO大規模アップデート ボス戦「レイドバトル」実装、「名声」廃止など変更多数

6/20(火) 10:33配信

ITmedia NEWS

 Pokemon GO開発チームは6月19日、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」に、ボス戦「レイドバトル」を実装するなど多数のアップデートを加えると発表した。アップデートに備え、全ジムの利用を一時的に停止。世界中のトレーナーにアップデートが届いてから、再び利用できるようになる。

【その他の画像】

 「レイドバトル」は、最大20人のプレーヤーで強大な「ボスポケモン」を一緒に倒すバトル。ジムに出現した巨大な「タマゴ」の上のカウントダウンがゼロになると、タマゴからボスポケモンが姿を現す。制限時間内に勝利するとボスポケモンを捕まえるチャンスを得られ、特別などうぐが手に入ることもある。

 新たに、ジムでもポケストップ同様、フォトディスクを回転させると「どうぐ」が手に入るようになるほか、レイドバトルに参加するための「レイドパス」が1日1枚手に入る。レイドパスは複数枚は持てず、有料の「プレミアムレイドパス」なら複数枚持つことができる。

 ジムでは、同じチームのトレーナーのポケモンを配置できるスロットを常に6つ設置。トレーニングバトルによって「名声」を上げる必要はなくなった。スロットに同じポケモンを複数置くことはできない。

 ジムに配置されているポケモンには「やる気」を表すハート型のメーターが表示され、時間の経過やジムバトルによりやる気が低下し、CPが下がる。同じチームのトレーナーは、ジムのポケモンに「きのみ」をあげ、「やる気」を回復させられる。

 ジムでどうぐを手に入れたり、ジムバトルをするなど貢献すると、各ジムの写真が入った「ジムバッジ」がもらえる。ジムへの貢献度に応じてバッジのランクが上がり、もらえるどうぐが増えたり、ジムで得られる報酬が増える。

 レイドバトルは、ジム再開後数週間をかけて順次公開。まずオフィシャルパートナーのジムで、トレーナーレベルの高いプレイヤーから試験的に体験できるようにし、順次、規模を拡大する。いつから参加できるようになるかは、SNSで知らせる。

最終更新:6/20(火) 10:33
ITmedia NEWS