ここから本文です

<ユリ>遅咲きも妖精の美 名古屋・千種公園

6/20(火) 11:26配信

毎日新聞

 名古屋市千種区の千種公園のユリ園で、遅咲きのユリが見ごろを迎えた。園内が甘い香りで包まれている。

 広さ320平方メートルのユリ園には、13品種(うち遅咲き6品種)、約8000本のユリが植えられている。現在は、香りの強いクリーム色の「ニンフ」が満開で、訪れた人の目を楽しませている。

 市千種土木事務所によると、今年は気温が低く雨量が少ない影響から、例年より開花が遅かった。これから白い「シベリア」やピンクの「テーブルダンス」など品種ごとに順次咲き始め、今月下旬まで楽しめるという。【兵藤公治】

最終更新:6/20(火) 11:38
毎日新聞