ここから本文です

ハリウッド版「ゴジラ」続編の撮影開始、渡辺謙が芹沢博士役で続投

6/20(火) 12:26配信

映画ナタリー

「Godzilla: King of the Monsters(原題)」の撮影をアメリカのアトランタで開始したと、米ワーナー・ブラザースが公式サイトで発表。キャストやストーリーの詳細も明らかになった。

ギャレス・エドワーズ監督作「GODZILLA ゴジラ」の続編にあたる本作は、ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズが製作するシリーズ「モンスターバース」の1本。ヴェラ・ファーミガ、カイル・チャンドラー、ミリー・ボビー・ブラウンら新キャストに加え、芹沢猪四郎役の渡辺謙とヴィヴィアン・グレアム役のサリー・ホーキンスが前作と同じ役で再び登場する。そのほか出演者にブラッドリー・ウィットフォード、トーマス・ミドルディッチ、チャールズ・ダンス、オシェア・ジャクソン・Jr.、アイシャ・ハインズ、チャン・ツィイーが名を連ねた。マイケル・ドハティが監督を務め、ザック・シールズとともに脚本も手がける。

本編ではゴジラが、モスラ、ラドン、そして究極の宿敵キングギドラと激突することが明らかに。怪獣たちの覇権争いに直面し、人類の存亡が危ぶまれる中、巨大生物研究機関モナークのメンバーたちの英雄的な行動が描かれる。

「Godzilla: King of the Monsters(原題)」は2019年3月に全米で公開予定。ゴジラとキングコングの戦いを描く「Godzilla vs. Kong(原題)」は2020年に全米公開予定だ。

最終更新:6/20(火) 12:26
映画ナタリー