ここから本文です

青梅の酒蔵で「呑み切り会」体験 市販の酒と飲み比べ /東京

6/20(火) 14:40配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 青梅の酒蔵「小澤酒造」(青梅市沢井、TEL 0428-78-8215)は6月24日、澤乃井ガーデンギャラリーで「澤乃井 呑(の)み切り会」を開催する。(西多摩経済新聞)

 初夏の酒蔵の恒例行事である「呑み切り」とは、今年の冬に製造され、貯蔵中の清酒を少量取り出し、酒質や熟成の進み具合を評価するもの。例年東京の酒蔵では6月中旬ごろ、国税局の鑑定官に評価を依頼しているという。

 一般も体験できる今回のイベントでは、同酒造の銘柄「澤乃井」の呑み切り用の酒と、市販の酒「東京蔵人」「彩は」「元禄」の飲み比べができる。

 開催時間は10時~13時。参加費は500円。定員80人。

みんなの経済新聞ネットワーク

Yahoo!ニュースからのお知らせ