ここから本文です

サムスンの新型スマホ「ギャラクシーノート8」 8月下旬に公開

6/20(火) 16:07配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子の新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート8」が8月に米ニューヨークで公開されることが20日、分かった。

 電子業界によると、サムスン電子は8月下旬に米ニューヨークで行うイベントで下半期の戦略スマホ、ギャラクシーノート8を公開する計画だ。

 サムスンは当初、9月にドイツのベルリンで開かれる欧州最大の家電展示会「IFA2017」でギャラクシーノート8を公開すると伝えられていたが、9月の発表が予想される米アップルの「iPhone(アイフォーン)8」を意識して日程を前倒ししたものとみられる。

 ギャラクシーノート8は画面左右の端が丸く処理された「エッジディスプレー」や大画面の「インフィニティディスプレー」など、4月に発売されたギャラクシーS8の画面の特徴を引き継いだ。ディスプレーの大きさは6.3インチになると予想される。また、前モデルと同様に人工知能(AI)の音声アシスタント「ビックスビー(Bixby)」や虹彩認証を搭載すると予想される。

 ギャラクシーノート8はサムスンのハイエンドスマホで初めてデュアルカメラを搭載する可能性が高い。サムスンは今月中国で発売されるミッドレンジスマホ「ギャラクシーC10」で、サムスン製品で初めてデュアルカメラを採用するとみられる。

 しかし、関心の高かったディスプレー一体型の指紋認識センサーが搭載されるかは明らかになっていない。

 ギャラクシーS8は指紋認識センサーが後面にあり、次期フラッグシップモデルのノート8では前面にセンサーが搭載されるとの期待が高かったが、海外メディアを中心にサムスンがセキュリティー上の理由でこれを断念したとの観測が出ている。

 米IT専門サイトのサムモバイルは19日、「アップルとサムスンが前面に指紋認識センサーを搭載した初のスマホを発表すると予想されたが、先ごろ中国のvivo(ビボ、維沃移動通信)が公開したビデオによると、vivoが初のタイトルを奪う可能性がある」と伝えた。

最終更新:6/20(火) 16:16
聯合ニュース