ここから本文です

支持率低下「何をしたのかよりやり方に批判」 岸田外相

6/20(火) 11:58配信

朝日新聞デジタル

■岸田文雄外相(発言録)

 (安倍内閣の)支持率低下の要因についてのさまざまな指摘を謙虚に受け止めながら、丁寧に対応していくことが重要なのではないか。「何をしたのか」ということよりは、「どう対応したのか」。やり方についての批判が大きいのではないか。今後も丁寧な説明、対応が重要なのではないかと思う。(閣議後会見で安倍内閣の支持率下落を問われ)

朝日新聞社