ここから本文です

ASUS、カメラにこだわったデュアルレンズ搭載の5.5型スマホ「ZenFone Zoom S」

6/20(火) 12:55配信

Impress Watch

 ASUS JAPAN株式会社は、デュアルレンズカメラ搭載の5.5型SIMロックフリースマートフォン「ZenFone Zoom S (ZE553KL)」を23日より発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は54,800円前後の見込み。

【この記事に関する別の画像を見る】

 背面に1,200万画素のソニー「IMX362」センサーと、35mm換算で焦点距離25mm/F1.7のメインレンズ、同焦点距離59mmのズームレンズのデュアルレンズカメラを搭載。シャッタースピードやISO感度、色温度などの値を設定可能な「マニュアル撮影モード」や、背景のボケにより被写体をより強調できる「ポートレートモード (後日アップデートで配信)」、明暗差のある環境でも階調豊かに表現できる「HDR Proモード」など、豊富な撮影モードを搭載。また動画撮影も4K解像度に対応する。

 レーザーオートフォーカス、像面位相差オートフォーカス、コンティニュアスオートフォーカスの3つの技術を統合した「TriTech+オートフォーカス」を搭載し、動きのある被写体や暗所での撮影などでも高速に被写体を捉えられるという。手ブレ補正には、光学式手ブレ補正機能(OIS)と電子式手ブレ補正機能(EIS)の両方を搭載した。

 前面には1,300万画素のソニー「IMX214」センサーを搭載。レンズはF2.0で、デフォルト設定の「美人エフェクト」を使用すれば、肌色を柔らかく明るく見せたり、目の大きさを微調整可能。近距離撮影時のゆがみによる輪郭補正や、肌のトーンなども調整できる。

 カメラ以外の機能では、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応し、ビジネスとプライベートの2つの電話番号を1つの端末で使用できるほか、キャリアアグリゲーション対応による高速通信に対応する。

 バッテリは容量5,000mAhと大容量で、別売のOTGケーブルを使用すれば、外部機器を充電するモバイルバッテリとして使える。指紋センサーは背面で、ロック解除のほか、ダブルタップでカメラを起動させ、タップしてシャッターを切ったり、ロングタップで着信電話に応答するといった機能も備える。192kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生や、「DTS Headphone:X」のサポート、5マグネットスピーカーの搭載など、音響面もこだわった。

 主な仕様は、SoCにQualcomm Snapdragon 625(8コア、2GHz)、LPDDR3メモリ4GB、64GBストレージ、OSにAndroid 6.0.1を搭載。本体画面は5.5型フルHD(1,920×1,080ドット)のAMOLED(有機EL)ディスプレイで、NTSC 100%/最大輝度500nitsの高輝度/高色域ディスプレイを謳う。

 ネットワークはFDD-LTEのバンド1/2/3/5/7/8/18/19/26/28、TD-LTEのバンド38/39/40/41、W-CDMAのバンド1/2/5/6/8/19、GSMの850/900/1,800/1,900MHzに対応する。

 インターフェイスはUSB 2.0 Type-C、Nano SIMカードスロット×2(1基はmicroSDXCカードスロット兼用)、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2、ステレオミニジャック。センサーにはGPS(GLONASS、Beidouサポート)、加速度、電子コンパス、光、近接、ジャイロスコープ、指紋、RGBセンサーを備える。

 バッテリは5,000mAhで、連続通話時間は約2,898分(3G)、連続待受時間は約1,000時間(3G)。

 サイズは約77×154.3×7.9mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約170g。

 加えて同社では、4月に国内発売を発表している、「Tango」と「Daydream」の両方に対応した世界初のSIMロックフリースマートフォン「ZenFone AR (ZS571KL)」について、発売キャンペーンとして硬度9Hのガラスフィルムを標準付属して6月23日より販売開始すること発表している。純正専用カバーの「View Flip Cover」は7月下旬より発売される見込み。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:6/20(火) 12:55
Impress Watch

Yahoo!ニュースからのお知らせ