ここから本文です

【仙台】富田主将、31歳誕生日に決意新た「けがをしない。それが一番」

6/20(火) 14:32配信

スポーツ報知

 J1ベガルタ仙台MF富田晋伍主将が20日、31歳の誕生日を迎えた。

 この日は仙台市内で、筑波大との天皇杯2回戦(21日午後7時、ユアスタ)に向けた全体練習に参加。自宅を出る前に、4歳の長女から「誕生日おめでとう」と言われたことを明かし「うれしかったですね」と笑顔を見せた。

 31歳の抱負を聞かれると「けがをしないようにしたい。けがをしたら意味がない。それが一番ですね」と富田主将。ここまでリーグ戦全15試合に出場しているタフネスボランチだが、「昨年は30歳になってからすぐにけがをしてしまった。今年も別(メニュー)でやることが多くなっている。大きなけがではないが、自分としては悔しいというか…」と振り返った。

 チームは現在11位。目標のトップ5(5位以内)に貢献するため「もっともっと個人のレベルを上げていかないといけないし、上がると思っている。年を重ねても(そういう気持ちは)変わらない」と、さらなるレベルアップを誓っていた。

最終更新:6/21(水) 2:33
スポーツ報知