ここから本文です

IT業界と行革議論=効率化へ協力期待―米大統領

6/20(火) 12:17配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は19日、組織効率化など行政改革に関してアップルやマイクロソフトなどIT大手のトップと意見交換した。

 IT活用で協力が必要との認識で一致したもようだ。ただ、移民規制や地球温暖化対策をめぐる見解の違いで政府と業界の関係は微妙。「出席者がトランプ大統領に会っただけ」(CNN)との冷ややかな見方も出た。

 トランプ氏は会議で「政府の技術を抜本的に変革し、飛躍的に向上したサービスを国民に提供する」と述べ、IT業界の協力に期待を示した。

 ロイター通信によると、アップルのクック最高経営責任者(CEO)は会議後、「米国は最も近代化した政府を持つべきだ」と指摘。インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムのベゾスCEOは、人工知能(AI)の重要性を訴えた。 

最終更新:6/20(火) 12:19
時事通信