ここから本文です

ハリル監督がコンフェデ視察へ 大一番・豪州戦向け「大事な試合の準備になる」

6/20(火) 15:06配信

デイリースポーツ

 サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が20日、コンフェデレーションズ杯視察のため成田空港からロシアに向かった。大会には、8月31日にW杯アジア最終予選で対戦する豪州が出場。「豪州戦という大事な試合に向けての準備になります。豪州の試合を2、3試合見ていきたいと思います」とW杯出場を懸けた大一番に備える思いだ。

 19日に行われた豪州-ドイツ戦はテレビを通して視察した。豪州は2-3で敗れたが、「世界チャンピオンのドイツに対して、よく持ちこたえた。同点になっていてもおかしくありませんでした。ゲームコントロールができるチームだと思います。特にパワーがあるところが目立っていました」と警戒していた。

 ハリルホジッチ監督は同大会を視察後、休暇に入り、7月下旬から8月上旬に再来日する。