ここから本文です

コーヒー豆を使ったビール「コーヒースタウト」、仙台の飲食店で期間限定提供 /宮城

6/20(火) 18:55配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 仙台パルコ2(仙台市青葉区中央3)3階のロースターズ&ニューヨークダイニング「THE MOST COFFEE(ザ モスト コーヒー)」(TEL 022-796-9360)が現在、コーヒー豆を使ったビール 「COFFEE STOUT(コーヒースタウト)」を数量限定で提供している。(仙台経済新聞)

ザ モストバーガーとのセット

 同店や「ホシヤマ珈琲(コーヒー)店」を運営するホシヤマインターナショナル(一番町4)と、国分町のビアバー「アンバーロンド」(国分町2)がタッグを組み、「いわて蔵ビール」(岩手県一関市)の協力の下、完成した同商品。

 ホシヤマ珈琲店のコーヒー豆・グァテマラを使って醸造したスタウト(黒ビールの一種)で、アンバーロンド店主の田村琢磨さんは「コーヒーと焙煎(ばいせん)麦芽の香ばしい香りが心地よく、ビターチョコレートの風味や酸味と甘味もあり、スタウトにコーヒーがバランスよく溶け合っている」と自信を見せる。

 6月1日から店内飲食のみで提供。単品(330ミリリットルボトル、税別900円)のほか、同店看板メニュー「ザ モストバーガー」とのセット(同1,900円)も用意する。

 「コーヒー好きの方、ビール好きの方、どちらからもちょっとした驚き、発見とともに喜んでいただいている」とホシヤマインターナショナルの担当者。「ビールとコーヒーの個性を生かしたコーヒースタウトは、バーガーなどの食事にはもちろん、甘いスイーツとも一緒にもお楽しみいただける。女性の方やコーヒー好き、ビールが苦手という方も一度お試しいただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時。系列店のナチュラルダイニングカフェ「New Airy(ニューエアリー)」でも提供している。いずれも無くなり次第終了。

みんなの経済新聞ネットワーク