ここから本文です

崔被告娘の逮捕認めず 検察の請求棄却=韓国地裁

6/20(火) 22:48配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地裁は20日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の娘のチョン・ユラ氏に対する検察の逮捕状請求を棄却した。

 逮捕状の是非を審査した判事は「被疑者の具体的な行為や加担の程度などを総合すると、現時点で逮捕の必要性を認定しがたい」と判断した。

 今年1月にデンマークで不法滞在の疑いで拘束されたチョン氏は、先月31日に強制送還され韓国に到着した。検察は名門・梨花女子大に不正に入学したなどとして業務妨害などの容疑で同氏を帰国便の航空機内で逮捕。今月2日、勾留を請求したが同地裁が「犯罪事実への加担の経緯と程度、証拠資料から現時点で勾留の必要性を認め難い」として棄却し、チョン氏は3日に釈放された。

 検察はチョン氏や関係者への捜査を続け、サムスングループから韓国代表乗馬支援金の名目で約78億ウォン(約7億6000万円)の援助を受け、崔被告の国政介入疑惑が浮上すると不正支援を隠蔽(いんぺい)するため、同グループから提供された名馬を別の馬に取り替えたなどとして、18日に犯罪収益隠匿規制法違反の容疑を追加して逮捕状を請求していた。

 チョン氏は「何も知らない」「母が全て勝手にやった」などとして容疑を否認している。

最終更新:6/20(火) 22:48
聯合ニュース