ここから本文です

田中麗奈が上海映画祭に登壇、中国語で「幼な子われらに生まれ」アピール

6/20(火) 16:31配信

映画ナタリー

「幼な子われらに生まれ」が、第20回上海国際映画祭の日本映画週間にて上映。中国現地時間6月18日に舞台挨拶が行われ、監督の三島有紀子、キャストの田中麗奈が出席した。

【写真】左から田中麗奈、三島有紀子。(他14枚)

2015年公開の「繕い裁つ人」以来、2年ぶりに同映画祭へ出席した三島は「日本でもまだ公開していない作品を、映画を愛する上海の皆さんに観てもらえることを本当にドキドキしながらうれしく思っています!」と喜びのコメント。そして田中は中国語で「私はこの作品に出演して、いろんな感情と経験を体感することができました。皆さんにもぜひスクリーンで感じ取ってもらえたらうれしいです! 謝謝!!」と挨拶して会場を沸かせた。

重松清の同名小説が原作の「幼な子われらに生まれ」は、バツイチ子持ちで再婚した44歳のサラリーマンが、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれる命を巡って成長していく姿を描いた人間ドラマ。8月26日より全国で公開される。



(c)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

最終更新:6/20(火) 16:31
映画ナタリー