ここから本文です

【ゲリー・ウェバーOP】錦織 ベルダスコに逆転勝ちで2回戦へ

6/20(火) 22:04配信

東スポWeb

【ドイツ・ハレ20日発】男子テニス「ゲリー・ウェバー・オープン」シングルス1回戦で、世界ランキング9位の錦織圭(27=日清食品)は同34位のフェルナンド・ベルダスコ(33=スペイン)に6―7(7―9)、6―3、6―4のフルセットで逆転勝ちし、今季芝の初戦を飾った。

 今大会はウィンブルドン選手権(7月3日開幕、英国・ロンドン)の前哨戦。ベルダスコとはペアを組んでダブルス出場を予定しており、異例の組み合わせとなったが、過去の対戦では錦織が4連勝中だ。

 ところが、日本のエースは第1セットからピリッとしない。スロースターターとはいえ、勝負どころのタイブレークに競り負け、リードを許す。第2セットは奪い返したものの、笑顔のないまま最終セットに突入した。

 第2ゲーム、ドロップショットのミスなどで0―40とされるが、5連続ポイントでキープ。ピンチをしのぐと、第7ゲーム、ベルダスコのサービスゲームを破り、辛くも勝利を手にした。

 2回戦の相手は同35位のジル・シモン(32=フランス)と同38位で身長198センチのカレン・ハチャノフ(21=ロシア)の勝者となる。シモンなら初対決、ハチャノフなら錦織の1勝。

最終更新:6/20(火) 22:04
東スポWeb