ここから本文です

モトローラ、Snapdragon 626を採用したアッパーミドルスマホ「Moto Z2 Play」

6/20(火) 14:07配信

Impress Watch

 モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社は、SoCにSnapdragon 626を採用したアッパーミドルレンジのSIMロックフリースマートフォン「Moto Z2 Play」(モトゼットツープレイ)を29日に発売する。価格はオープンプライスで、直販の税別価格は53,800円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 Moto Zシリーズの特徴である、背面にさまざまな拡張ユニットを取り付けて機能を増やせる「Moto Mods」に対応。JBLブランドのステレオスピーカー、ハッセルブラッドブランドの10倍レンズ付きカメラなどが利用できる。

 今回、新たに3,490mAhのバッテリを内蔵し、駆動時間を約1日伸ばせ、15Wの急速充電が可能な「Turbo Powerパック」と、市販の無接点充電器(Qi 1.2.3またはPMA 3.0)を利用して充電できる「ワイヤレス充電キャップ」を用意した。税別直販価格は前者が9,800円、後者が4,680円。ワイヤレス充電キャップはキャッツアイ、グレー、フラワーデジの3色を用意する。

 独自の急速充電技術「TurboPower」をサポートした充電器を同梱し、15分の充電で8時間の利用が可能。内蔵バッテリは3,000mAhで、1回のフル充電で約30時間利用できるという。本体は撥水ナノコーティングされており、防滴性を備えている。

 このほか、F1.7レンズを搭載し、レーザー・オートフォーカスとデュアル・ピクセル・オートフォーカスによる高速AFが可能な1,200万画素の背面カメラ、前面の指紋センサーを利用し、戻るなどの動作が行なえる「ワンボタンナビ」、手首のジェスチャーに反応する「Motoアクション」などを搭載する。

 主な仕様は、SoCにSnapdragon 626(オクタコア、最大2.2GHz、Adreno 506 GPU内蔵)、メモリ4GB、ストレージ64GB、ディスプレイに1,080×1,920ドット表示対応5.5型Super AMOLED、OSにAndroid 7.1.1を搭載する。

 インターフェイスは、microSDカードスロット、IEEE 802.11a/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2、1,200万画素背面/500万画素前面カメラ、USB Type-C、音声入出力などを搭載する。センサーは指紋、加速度、照度、ジャイロ、磁気、近接、超音波、NFC。測位はA-GPSとGLONASSをサポートする。

 SIMはNano SIMで、対応バンドは4Gが1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41、3Gが1/2/5/8/19(バンド6含む)、GSM/GPRS/EDGEが850/900/1,800/1,900MHz。本体サイズは76.2×156.2×5.99mm(幅×奥行き×高さ)、重量は145g。本体色はルナグレー、ファインゴールド、ニンバスの3種類。

PC Watch,劉 尭

最終更新:6/20(火) 19:52
Impress Watch

Yahoo!ニュースからのお知らせ