ここから本文です

Nintendo Switch、新ファーム3.0.0でヘッドフォンの最大音量が上昇

6/20(火) 14:46配信

Impress Watch

 任天堂は20日、ゲーム機「Nintendo Switch」の最新ファームウェア3.0.0を公開。ヘッドフォン使用時の最大音量が上がったほか、テレビに出力する際のサウンド設定に「自動」を追加した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ヘッドフォンの音量がアップし、より大きな音で遊べるようになったほか、HOMEメニューの「設定」から「本体」を選ぶと、「ヘッドホンの最大音量を下げる」という項目も用意。これをONにすると、最大音量を下げることもできる。なお、みまもり設定(保護者による使用制限)を設定している場合は、「最大音量を下げる」設定が自動的にONになり、最大音量は上がらない。

 さらに、携帯モードやテーブルモードのときに、「クイック設定(HOMEボタン長押し)」で音量の調節が可能になった。

 テレビに接続した際の、音声出力の設定も変更。「サラウンド」に設定している場合は6ch、「ステレオ」と「モノラル」に設定している場合は2chに固定した音声を強制的に出力するようになる。また、「自動」を新たに設け、正しく音声が出力されない場合などに利用できる。

 他にも、ニンテンドー3DSやWii Uのフレンドにもフレンド申請を送れるようになり、フレンドがオンラインになった時に画面上に通知を表示。コントローラーが見つからない時に、振動させて探せる機能なども追加されている。その他の内容は以下の通り。

ゲームニュースに「チャンネル」を追加。「チャンネルを見つける」で見たいゲームニュースのチャンネルを登録すると、そのゲームソフトに関するニュースが届くようになる「保護者による使用制限」の名称を「みまもり設定」に変更「ユーザー」に設定できるアイコン6種(Splatoon2)を追加「ユーザー」に「並べ替え」を追加「コントローラーとセンサー」に「Proコントローラーの有線通信」を追加。Nintendo Switch ProコントローラーをUSB充電ケーブルで接続している間、有線で通信するようになる。コントローラーのソフトウェア更新機能も追加。画面の色合いを変える機能を追加他社製コントローラー(任天堂ライセンス商品)に対応。Nintendo SwitchドックのUSB端子に接続して使用できるソフトをダウンロードする際に空き容量が不足していると、その場でソフトの整理が可能にソフトの更新データを受信する際に「×」が表示されて更新できないことがある問題の修正特定のテレビと接続すると、テレビに接続されているほかの機器とのHDMI連動が解除されてしまう問題を修正

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:6/20(火) 14:46
Impress Watch

Yahoo!ニュースからのお知らせ