ここから本文です

<京都・鞍馬寺>「竹伐り会式」は近江座の勝利

6/20(火) 19:19配信

毎日新聞

 大蛇に見立てた青竹を切り落として豊凶を占う伝統行事「竹伐(たけき)り会(え)式」が20日、京都市左京区の鞍馬寺であった。僧兵姿の男たちが山刀で勢いよく竹をたたき切った。

 平安時代に寺中興の祖・峯延(ぶえん)上人が、修行中に現れた大蛇を退治した故事にちなむ。江戸時代中ごろからは、地元の人たちが「近江座」「丹波座」に分かれて切る速さを競い、勝った地域が豊作になるとされる。

 竹は長さ約4メートル、直径約10センチ。僧兵姿の男たち8人が2人1組で山刀をふるい、わずか数十秒で「近江座」の勝利が決まると約700人の見物客から歓声が上がった。【宮川佐知子】

最終更新:6/20(火) 20:07
毎日新聞