ここから本文です

ダイキン、独自の「ストリーマ技術」が手足口病などの夏風邪ウイルスを99.9%抑制することを実証

6/20(火) 15:55配信

Impress Watch

 ダイキン工業は、同社が開発し、空気清浄機やエアコンなどに搭載している有害物質を酸化分解する独自技術「ストリーマ技術」が、手足口病やプール熱など夏風邪の原因となるウイルスを99.9%抑制することを実証したと発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 手足口病やプール熱は、梅雨時期から夏にかけて幼児を中心に流行する、夏風邪と呼ばれるウイルス感染症。これらを引き起こすウイルスは、インフルエンザウイルスなど冬に活性化するウイルスとは異なり、一般的な消毒薬が効きにくいという特徴を持っている。

 実証実験では、夏風邪の原因となるアデノウイルス、エンテロウイルス、エコーウイルス、コクサッキーウイルスそれぞれに、ストリーマを0、1、2、4、8時間照射し、培養した細胞に接種することで、ストリーマを照射した時間の違いによるウイルスの残存状態を観察した。

 その結果、ストリーマを照射せず、8時間経過したウイルスを接種した細胞は、ウイルスによって細胞が完全に破壊されているのに対し、ストリーマを8時間照射したウイルスを接種した細胞は、正常細胞のまま存在していたという。

 これにより、夏風邪の原因となるウイルスにストリーマを8時間照射することで、ウイルスが99.9%抑制されたことを確認したとしている。

 同社が2004年に開発した「ストリーマ技術」は、ストリーマ放電により有害物質を酸化分解する技術。一般的なプラズマ放電(グロー放電)に比べ、酸化分解力が1,000倍以上になるほか、ニオイや菌類、室内汚染物質のホルムアルデヒドに対しても、持続的な除去効果があるとしている。

家電 Watch,田中 真紀子

最終更新:6/20(火) 15:55
Impress Watch