ここから本文です

NECとNECネッツエスアイ、CATV事業者向け加入者管理システムのモバイル連携機能を強化

6/20(火) 16:11配信

Impress Watch

 日本電気株式会社(以下、NEC)とNECネッツエスアイ株式会社は20日、ケーブルテレビ(CATV)事業者向けの加入者管理システム「DIGITAL CableBase EE(DCBEE)」について、担当者が外出先からモバイル端末を用いて業務処理を行えるモバイル連携機能を強化したと発表した。

 機能強化により、営業・サポート・工事管理などの各部門の担当者が、従来は帰社後に行っていた、新規契約時の申込情報登録、工事発注・工事報告・検収登録、加入者のサービス変更・追加といった業務処理を、外出先からモバイル端末を用いてCATV局内の基幹システムと連携しながら行うことが可能になり、CATV事業者のワークスタイル変革や業務効率化を実現する。

 具体的な機能強化としては、コンタクト管理機能について、新規契約時の申込情報登録をモバイル端末から行えるようにした。CATV事業者の運用に合わせて、モバイル端末または局内の基幹システムでの承認による、契約の自動追加や工事日の仮登録などが行える。

 また、工事管理機能について、工事発注・工事報告・検収登録などがモバイル端末からリアルタイムに可能となり、セットトップボックスやケーブルモデムなど工事に関連した機器の制御機能とシームレスに連携する。カレンダー機能については、日別・週別・月別の表示画面により工事日の空き枠確認が容易になり、確定済の予定をタップすることで、工事管理機能やコンタクト管理機能にシームレスに連携する。

 顧客管理機能については、加入者の機器交換をともなうサービス変更・追加がモバイル端末からリアルタイムに可能となった。また、モバイルアプリケーションのメニューをフラットデザイン化し、操作性を向上。モバイル端末に顧客のIDをはじめとする個人情報を保存しないアプリケーション間通信方式を採用し、セキュリティを確保している。

 DCBEEモバイル連携機能の価格は月額2万円(税別、システム導入費別)から。出荷開始時期は2017年10月。NECとNECネッツエスアイでは、今後5年間で100局以上への販売を目標とする。

クラウド Watch,

最終更新:6/20(火) 16:11
Impress Watch