ここから本文です

帝里木下、パッキャオ前座にも動じず「どうせ言葉も分からない」2度目世界挑戦

6/20(火) 20:00配信

デイリースポーツ

 「ボクシングIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(7月2日、オーストラリア・ブリスベン)

【写真】昨年11月、世界王座に返り咲いたパッキャオ

 王者ジェルウィン・アンカハス(25)=フィリピン=に挑戦する同級3位の帝里木下(31)=千里馬神戸=が20日、神戸市内の所属ジムで練習を公開し、東洋太平洋同級2位のフィリピン人選手を相手に3ラウンドのスパーリングを行い、ミット打ちなどで汗を流した。

 80ラウンドを超えるスパーリングを消化してきたという帝里は「今のところバッチリ。夏場の調整は得意ではないが、体調を崩さずベストな状態で行けるようにと考えている」と順調な調整ぶりを強調した。

 2度目の世界挑戦は5万5000人収容のサンコープ・スタジアムで6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の前座とあって、異様な雰囲気も予想されるが「何も気にしないし、楽しみの方が大きい。どうせ言葉も分からないので関係ない」と動じない。

 14年7月の世界初挑戦ではゾラニ・テテ(南アフリカ)に判定で完敗を喫したが、「前より一回りも二回りも大きくなった」と自信をにじませた。千里馬会長も「テテ戦の100倍調子がいい。アンカハスもスピードはあるが、帝里の練習を見ていたら(相手が)トロく見える。何の心配もしていない」と悲願の世界奪取へ太鼓判を押した。