ここから本文です

大坂容疑者、勾留理由開示手続きも無言

6/20(火) 7:55配信

産経新聞

 昭和46年の渋谷暴動事件をめぐり、殺人容疑などで警視庁公安部に逮捕された過激派「中核派」活動家の大坂正明容疑者(67)の勾留理由開示手続きが19日、東京地裁で開かれ、弁護人は「容疑者は百パーセント無実」として釈放を求めた。大坂容疑者は大野勝則裁判官に名前や住所を繰り返し問われたが、直立したまま無言を貫いた。

最終更新:6/20(火) 8:09
産経新聞