ここから本文です

「タイトル正確性欠いた」=加計文書、萩生田氏に迷惑―松野文科相

6/20(火) 18:22配信

時事通信

 加計学園の獣医学部新設をめぐり、文部科学省内で新たに見つかった萩生田光一官房副長官の発言概要とされる文書に関し、松野博一文科相は20日、記者団に「タイトルから見ると内容は正確性を著しく欠いていた。副長官をはじめ省外の皆さんに大変ご迷惑をお掛けした」と語った。

 
 文科相によると、文書の表題は「10/21萩生田副長官ご発言概要」とされていたが、実際は同省の常盤豊高等教育局長が萩生田氏に面会した際の常盤氏の説明、萩生田氏の発言のほか、文書を作成した専門教育課の課長補佐が周辺情報として持っていた内容が混在して書かれていたという。

 文科相は「備忘録的に作るなら本人が分かればいいが、三つの内容が混在されたものが副長官一人の発言としてタイトルが付けられ、共有され、外に流出してしまうと、タイトルと内容の一致があるかが問題になり、正確性を欠く」と指摘した。 

最終更新:6/20(火) 18:34
時事通信