ここから本文です

「ひふみん」加藤一二三九段、引退決まる 約63年間の現役生活に幕

6/20(火) 20:12配信

スポニチアネックス

 「ひふみん」の愛称で親しまれている将棋の現役最高齢棋士、加藤一二三九段(77)が20日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦ランキング戦6組で新鋭の高野智史四段(23)との対局に敗れ、現役引退することが決まった。

【写真】竜王戦ランキング戦で対局に臨む加藤一二三・九段

 現役生活62年10カ月の加藤九段は1954年に当時最年少14歳でプロデビュー。18歳で名人戦順位戦の最上位クラスのA級に昇格すると、名人1期、棋王2期などタイトルを通算8期獲得した。今年1月には故丸田祐三・九段の76歳11カ月を抜き、77歳0カ月の最高齢勝利記録を達成した。

 しかし、昨年度の名人戦順位戦で最も下のC級2組から降級。規定により、残る棋戦全てに敗退した時点での引退が決定。既に竜王戦以外は敗退しており、この日の対局は勝てば自身の最高齢勝利記録を77歳5カ月に更新、負ければ現役引退となる大一番だった。10時からの対局には、約50人の報道陣が集結。持ち時間5時間の勝負の行方を見守った。

 公式戦の通算勝利数は、歴代3位の1324勝(1180敗)。