ここから本文です

世界が認めた川俣シルク 「妖精の羽」PR 町職員着用

6/20(火) 9:41配信

福島民報

 福島県の川俣町役場1階で窓口案内を担当する職員は19日、町内で操業する斎栄織物が製造する世界一薄い先染めの絹織物「妖精の羽(フェアリー・フェザー)」のストールを着用して業務を始めた。来庁者に川俣シルクの魅力を発信する。
 「妖精の羽」が世界最大級の国際デザインコンペ「A’Design Award(エーダッシュデザインアワード)」(イタリア)のファッション関係素材部門で銀賞を受賞したのを機にPRを開始した。緑のストールをまとった町委託職員の佐藤志穂さんは「ふんわりと柔らかい巻き心地。夏でも涼しい感じがしそう」と品質をアピールした。
 日頃から「妖精の羽」のポケットチーフを愛用しているという佐藤金正町長は「産地の職員として率先して身に着け、シルク産業を発展させたい」と話した。
 斎栄織物は福島民報社の第2回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)で最高賞の知事賞に輝いている。

福島民報社

最終更新:6/20(火) 9:55
福島民報