ここから本文です

旬の果物味を満喫 福島で「オーナー大感謝祭」

6/20(火) 13:51配信

福島民報

 福島市・飯坂温泉観光協会による「くだものの木オーナー制度」のオーナーを招いた大感謝祭は18日、市内飯坂町の安斎果樹園のサクランボ畑で催された。福島県内外から約250人が参加し、旬を迎えたサクランボ狩りを楽しんだ。
 畠隆章飯坂温泉観光協会長が「サクランボをはじめとした飯坂のおいしいものを取りそろえた。1日、楽しんでほしい」とあいさつした。オーナーを代表して、いわき市の沢宏一さん(62)の発声で乾杯した。
 参加者はサクランボ狩りのほか、飯坂名産の「ラジウム玉子」や「いかにんじん」、名物のギョーザなどを味わい親睦を深めた。ステージでは福島市のシンガー・ソングライターMANAMIさんらが歌声を響かせた。
   ◇  ◇
 オーナー制度はモモやナシ、ブドウ、リンゴの木を生産者と年間契約し、収穫した果実の提供を受ける。農作業体験や制度に加盟する旅館の宿泊割り引きなどの特典がある。観光協会はオーナーを随時、募集している。問い合わせは観光協会 電話024(542)4241へ。

福島民報社

最終更新:6/20(火) 14:00
福島民報