ここから本文です

稲垣&草なぎ&香取、レギュラー10月以降も継続か!“冠名”も残せる?

6/20(火) 5:00配信

サンケイスポーツ

 ジャニーズ事務所を9月に退社すると発表した元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)のレギュラー番組が、10月期以降も継続する可能性があることが19日、分かった。事務所は継続するかを本人たちの意思に委ねており、局も継続に前向きな姿勢。ジャニー喜多川社長(85)が異例で出した3人への応援コメントも後押しとなりそうだ。

 独立発表を受け、稲垣、草なぎ、香取がレギュラー出演するテレビ番組に“動き”が出てきた。

 9月8日に退社することに伴い、香取のテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(土曜後11・05)をはじめ3人のレギュラー番組も終了するとみられているが、ある関係者によると、事務所は継続について本人たちの意思を尊重。彼らが希望すれば、10月期以降も続く可能性があり、3人の番組は視聴率が打ち切り候補にあがるほど低いわけではなく、局サイドも継続に前向きだという。

 稲垣のTBS系「ゴロウ・デラックス」(木曜深夜0・58)は、本人の愛着が深い番組で、深夜の関東ローカルでスポンサーへの影響も少なく、継続の条件は整っている。草なぎのテレ朝系「『ぷっ』すま」(金曜深夜0・50)や香取のフジテレビ系「おじゃMAP!!」(水曜後7・0)も、「両番組とも継続になってもいいように、制作側は態勢は整えている」との情報もある。

 草なぎがナレーションを務めるNHK「ブラタモリ」(土曜後7・30)は司会のタモリ(71)の意向が強く反映されるため、続ける可能性が高い。また、昨年1月期に放送された草なぎ主演のテレビ朝日系ドラマ「スペシャリスト」シリーズは高視聴率を獲得しており、退社後も再び出演をオファーされそうだ。

 さらに退社発表後、香取の「おじゃMAP!!」のホームページには継続を願う声が多数寄せられており、ファンの声も無視できない。

 何より一番の後押しになるのは、ジャニー社長が発表した“贈る言葉”だ。同氏が退社するタレントに公式のコメントを出すのは極めて異例で、関係者は「ジャニーさんの“容認”をもらった形。10月期ですべてレギュラー降板にはならないのでは」と推測する。

 SMAPに「(S)すばらしい(M)MEMORIES(A)ありがとう(P)POWER」と新たな意味を加えたことで、SMAPを連想させるタイトルがついた番組も継続しやすくなったと指摘する関係者もいる。