ここから本文です

加藤一二三九段、昼食出前は「うな重」

6/20(火) 12:16配信

産経新聞

 引退が懸かった将棋の加藤一二三九段(77)と高野智史四段(23)の対局は20日正午、昼食休憩に入った。注目の加藤九段の昼食は「うな重」。持ち時間各5時間で、同日夜には終局する見込みで、加藤九段はこの対局に敗れれば規定により、同日付で引退となる。

 加藤九段の先手で矢倉の定跡形で進み、途中まで、昨年12月に指された加藤九段対藤井聡太四段(14)と同じ局面が続いた。両者が席を立ち、対局室は無人に。その後、加藤九段が対局室に入り、高野四段側から盤面を見る「ひふみんアイ」で考えていた。

 正午になり、高野四段の手番で昼食休憩に入った。昼食の出前注文は、加藤九段が「うな重・竹」(ふじもと)、高野四段は「五目焼きそば」(紫金飯店)。 午後零時40分に再開される。

最終更新:6/20(火) 12:34
産経新聞