ここから本文です

「誰だオカマは」 授業でLGBT差別発言か 埼玉の小学校教諭

6/20(火) 15:17配信

産経新聞

 埼玉県蕨市の市立小学校の男性教諭が5年生の授業中に、「誰だオカマは」などと同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)への差別と受け取ることができる発言をしていたことが20日、分かった。クラスには実際にLGBTの男児が在籍、母親が学校に抗議した。発言は男児に向けたものではなかったが、教諭は男児らに謝罪した。

 同市教育委員会によると、問題が起きたのは12日の社会科の授業。別の男児が教科書の音読中に女性のような声を出したため、教諭は「ここにオカマがいるのか。誰だオカマは」などと発言したという。

 同市教委によると、教諭は「注意しようと不用意に発言してしまった」と事実関係を認めている。同市教委は「LGBTについて周知徹底していく」とし、再発防止のため、20日に市内の全市立小中学校の校長を集めて研修会を実施した。

最終更新:6/20(火) 15:17
産経新聞