ここから本文です

小池知事市場決定・詳報(4完)「借金どう返す? 追加でいくらかかる?」 質問に初めて言葉詰まらせ「精査しています」

6/20(火) 19:19配信

産経新聞

 《あらかじめ30分で区切ると伝えられていた築地市場(東京都中央区)の移転問題をめぐる東京都の小池百合子知事の臨時記者会見。会見のほとんどは小池氏の説明で終わってしまい、残り数分でようやく質疑となった》

 --新たな基本方針の中で、築地市場を5年後を目途に再開発とあるが、具体的な計画は? 豊洲に移るのはいつなのか

 「これについては今日は基本方針を述べさせていただきました。詳しい日程等々は、市場関係者の方々との話も詰めていかなければなりません。一方で、五輪については日程が決まっているということから現実的な日程に結びつけていきます」

 --市場が2つ存在することになるのか

 「豊洲市場は新たな中央卸売市場としての機能、これを優先させます。その上でさまざまな物流の変化が来ております。そういう中において、物流の機能をさらに強めていくということであって、豊洲にいったん移ってその後、売却とかそういう話ではございません。機能を強化するということを進めてまいりたい」

 「築地につきましても、中央卸売市場についての法律も転換期にきています。それらをにらみながら、市場としての機能を確保できる方策を見いだしてまいりたいと思います」

 《続いて、別の記者が質問する》

 --一度、豊洲に行った後、築地に復帰する業者というのが想像できないが

 「まさしく業者の経営方針、判断によるものだと思いますが、仲卸の方々というのはやはり築地だからこそ経営が可能だと考える方々もおられるわけで、そういった方々へは築地へ復帰される際のお手伝いはさせていただきます」

 --一部、復帰する人がいるかもということか

 「いろんな選択肢があると思います」

 《小池氏が説明するだけの一方的な会見だっただけに、記者からの質問は多い。当初、質問は2問とされていたが、小池氏は「じゃあ、最後で」と3人目の記者を指名した》

 --豊洲市場の整備でできた借金はどう返すのか。追加で税金はいくらかかるのか

 《ここまでよどみなく話していた小池氏だが、ここで初めて言葉に詰まり、若干の間ができた》

 「これにつきましては、償還の問題が出てきますが、これについては現在、精査しています。税金を新たに投入することがないような方策について、今、検討させたところでございます」

 《初めて言葉を少しだけつまらせた小池氏に、同じ記者が重ねて質問する》

 --税金は投入されないのか

 「さまざまなことを考え、ワイズスペンディングで行きたいと思います」

 《「ワイズスペンディング」は小池氏がよく口にする「賢い支出」を意味する横文字だ。お得意のフレーズを報道陣に投げ、大事な問題だ、と追いすがる記者を後に小池氏はそのまま会見場を後にした》

=(完)

最終更新:6/20(火) 19:19
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ