ここから本文です

仲間内で大麻所持、少年6人摘発 京都府警

6/20(火) 20:44配信

産経新聞

 京都府警は20日、大麻を譲渡したり使用目的で所持したりしたとして、大麻取締法違反容疑で、京都市山科区や京都府宇治市の16~19歳の4人を逮捕、2人を書類送検したと発表した。少年課によると、6人は遊び仲間や知人同士。うち5人は容疑を認め、「興味本位で吸った」などと供述し、1人は「身に覚えはない」と容疑を否認しているという。

 同課によると、3月13日午後9時ごろ、私立大1年の少年(18)=同法違反(譲渡)容疑で逮捕=が、大麻草約1グラムを会社員の少年(19)=同=から6千円で購入し、無職少年(16)に同額で譲り渡したとされる。無職少年は14日午前、自宅で袋入りの大麻草(約0・8グラム)を所持したとして現行犯逮捕された。

 このほか、無職少年と共同で大麻を所持していたとして、友人の会社員の少年(18)とアルバイトの少女(17)が書類送検され、別のアルバイト少年(19)が所持容疑で逮捕されている。

最終更新:6/20(火) 20:44
産経新聞