ここから本文です

42市町村別の応援タオル FC岐阜、25日発売

6/20(火) 9:45配信

岐阜新聞Web

 サッカーJ2のFC岐阜が、県内の全市町村とコラボレーションした「42市町村ホームタウンコラボタオルマフラー」を発売する。クラブによると、全県域をホームタウンにしているJリーグチームの中で、全市町村とコラボした商品の発売は初めて。25日に、ホーム戦が行われる岐阜市長良福光の長良川競技場で販売を開始する。
 タオルマフラーは全42種類。岐阜市や美濃加茂市、大野郡白川村など市町村名がそれぞれ記され、ご当地キャラクターや市章などもプリントされている。1種類30枚ずつ製作し、価格は2000円(税込み)。長良川競技場で販売後、オンラインショップなどで取り扱いを始める。
 FC岐阜販売チームの内藤実香さん(23)は「コラボタオルマフラーをゲットして、FC岐阜をさらに身近に感じて」と購入を呼び掛けている。

岐阜新聞社

最終更新:6/20(火) 11:34
岐阜新聞Web