ここから本文です

進行性乳がんとは…12人に1人が乳がんになる時代に

6/20(火) 20:15配信

All About

◆日本人女性の12人に1人(※注)が罹患する乳がん

「進行性乳がん」で闘病中の小林麻央さん。幼いお子さんがいる若い女性ががんに罹患、というだけでもご家族とご本人の負担はいかほどかと、本当に胸が痛みます。ただここ数十年で日本人女性に急速に増加している乳がん。筆者の周りにも何人もいらっしゃいますし、とても他人ごとではありません。

そして、昨今の報道にもある「進行性乳がん」という言葉はあまり聞きなれないものだと思いますので、若い女性の方にも、これをきっかけにぜひ身近な病気である乳がんについて、理解を深めていただければと思います。

◆早期がんと進行がんの違い

消化器のがん、例えば胃がんなどでは「早期がん」と「進行がん」ははっきりとした医学的な定義があります。簡単にいえば、胃の表面である粘膜下層までにとどまっているものは「早期がん」。胃の深い部分である筋層まで達しているものを「進行がん」と呼びます。

ただ、一般にはこの言葉はもうちょっと漠然とした意味で使われているようです。例えばコトバンクによれば、「がんは一般に、早期(そうき)がん、進行(しんこう)がん、末期(まっき)がんの3段階に大別されます」となっています。なんとなく早期→進行→末期のイメージでしょうか。

ただ、イメージだとかえってわかりにくくなったり、誤解を招くことも多いので、医療関係者は通常がんの進行具合を「病期(ステージ)」という分類で表します。

◆乳がんの病期・ステージ分類

がんは、大きさ、脇の下のリンパ節への転移の有無、離れた他の臓器への転移の有無によってステージが決まります。がんのステージは数が大きいほど進行していることを意味します。下記、筆者が大まかにまとめたものです。

乳がんでは、一般的にステージ0~I期と、いちおうII期までを早期乳がん、さらにステージIII期のことを局所進行乳がん(locally advanced breast cancer)と言います。ただ英語では進行乳がん(advanced breast cancer)というとステージIVを指す場合も多いため、ただ進行性乳がんといった報道があった場合、どちらを指すのかははっきりしません。

●ステージ0期
・非浸潤がん。がん細胞がごく小さい一部にとどまる。周りに浸潤せず、しこりも触れない極めて早期のがん 

●ステージI期
・しこりが小さく(2cm以下)、脇の下のリンパ節に転移していない

●ステージII期
・しこりが小さくても(2cm以下)、わきの下のリンパ節に転移がある
・しこりが中くらい(2~5cm)(わきの下のリンパ節への転移はあることもないことも)
・しこりが大きく(5cm以上)、わきの下のリンパ節に転移がない

●ステージIII期
・しこりが大きく(5cm以上)、わきの下のリンパ節に転移がある
・しこりが大きくなくても(5cm以下)、わきの下のリンパ節にたくさん転移している、それより広範囲、鎖骨や胸骨のリンパ節にまで転移している
・皮膚にしこりが飛び出したり、崩れたりむくんでいたりする

●ステージIV期
・がんが他の臓器(骨、肺、 肝臓、脳)まで転移している

乳がんの治療には手術、放射線治療、薬物療法があり、病状に応じて組み合わせて行います。また、状態によっては手術を行わないこともあります。

1/2ページ

最終更新:6/20(火) 20:15
All About