ここから本文です

「低価格の長距離観光列車」JR西が運行目指す

6/20(火) 20:14配信

朝日放送

豪華寝台列車「瑞風」の運行を始めたJR西日本が、手の届きやすい価格の「長距離観光列車」の運行も開始すると発表しました。

20日、発表された「長距離観光列車」は、1泊2日かけて京阪神から山陰や山陽地方をめぐるというもので、旅の価格は数千円~2万円程度の予定です。車内には個室やフルフラットの座席が備えられ、食事などができるフリースペースも設置されるということです。JR西日本の来島社長は、「リーズナブルな価格でも、高い快適性を提供する中で、カジュアルとくつろぎの両立を目指したい」などと話しました。JR西日本は、東京オリンピックが開催される2020年の夏までに運行を開始するとしています。

朝日放送

最終更新:6/21(水) 10:55
朝日放送